ロイヤルホストのバイトの体験談!ホールスタッフの大変な仕事をこなすコツ

スポンサードリンク

ロイヤルホスト春日部店でバイトしていたときのお話です。

 

ロイヤルホストでバイトをしていた頃は、まだ学生だったこともあり仕事の大変さを知りませんでした。

 

バイトの時給に釣られて始めたのですが、今思えば「何でロイホにしたの?同じ時給でサイゼリアだってあったのに」なんて思います。

 

しかし、ロイヤルホストのバイトは、私にとって良い経験だったのでお話しします。

 

バイトを始めてすぐに、私の悪い癖が出てしまいました。

 

怒られているのに、笑いながら「すみません」っと言ってしまうのです。

 

これは、自分の育った環境によるものだから仕方ないじゃないか、と初めての事で戸惑いました。

 

学業そっちのけで、ロイヤルホストのメニューを覚えたり、ビシソワーズやらおしゃれなソースの説明文を暗記したり、産地の説明や、熱い鉄板を運び火傷したり。

 

スポンサードリンク

 

時給と比べると、割に合わないと思ったこともありますが、仕事とはそういう努力が必要な物だと回数を重ねるごとに覚えていきましたが。

 

期末テストでお休みをもらうのも、すごく嫌な思いをしました。

 

期末開けには、新しいメニューが入りメニューの暗記をします。

 

こんな事の繰り返しで、心身共に疲弊していました。

 

そこで、私は1か月料理について勉強しました。

 

牛肉の有名な産地や部位や、野菜の主な産地、オマールエビとは何?と。

 

本来はメニューを覚えるにつれて興味が出て覚えるのでしょう。

 

しかし私は興味がわかなかったので、勉強だと思い徹底しました。

 

そのあとは、ずいぶん楽でした。

 

基礎知識のおかげで、他の事に集中する事が出来たからです。

 

学業に専念するためにバイトをやめてしまいましたが、そのあとロイヤルホストに戻ろうとは思いませんでした。

 

またメニュー覚えるのが嫌だったので。

 

そのあと色々なバイトをしましたが、ロイヤルホストのバイトで学んだ事が生かされています。

 

・先に専門的知識をつけておく事。

 

・仕事の時はしっかりとした自分を作り、仕事モードの切り替えをする。

 

・あまり自分の話はしない(お友達になってしまうと後々雑談などしてしまい、仕事に支障が出る為)

 

・敬語とマナー

 

ロイヤルホストのバイトは、とてもいい経験だったと思っています。

 

スポンサードリンク